師走 -12月- 時候の挨拶

131118-blog

12月にお送りする招待状にふさわしい時候の挨拶について、詳しくご紹介いたします。
2月、3月にお式を挙げられるおふたりがお送りする招待状です。

クリスマス一色になるこの時期。
寒さのなかに心が温まるような、期待感の高まる招待状を。

12月
初冬の候/師走の候/寒冷の候/霜夜の候/歳末のみぎり
寒気厳しきおり/ちらちらと粉雪が舞うこの季節
師走の風が身にしみる今日このごろ
ポインセチアの花が目立つ季節となりました
真白な霜柱が立ち寒さが身にしみわたるようです

フォーマルな場で好まれる漢語表現は
初冬の候/師走の候/寒冷の候/霜夜の候/歳末のみぎり/
などがございます。

「初冬」は12月7日の前日までをさします。
「初冬の候」は12月の初旬までにお使いになるのがよろしいかと思います。
「師走の候」や「寒冷の候」「霜夜の候」「歳末のみぎり」は12月中でしたら
初旬〜下旬までいつでもお使いできます。
「霜夜の候」の「霜夜」とは「霜のおりた夜」という意味です。
本格的な寒さを感じ始めたら、お使いになるとよいのではないでしょうか。

カジュアルな印象の口語調のご挨拶は
寒気厳しきおり/ちらちらと粉雪が舞うこの季節/師走の風が身にしみる今日このごろ/
ポインセチアの花が目立つ季節となりました/真白な霜柱が立ち寒さが身にしみわたるようです/
などがございます。

目にする街の景色や人の服装をみて、固くならずにお選びすると良いのではないでしょうか。

せわしなく過ぎ去る師走に向かっていますが、ほんの少し足を止め街を見てください。
深まる寒さの中の街路樹が、街の灯りに輪郭をもたせます。
この時期にしか見られない素敵な光景です。

紅葉を過ぎれば自然の風景はほんの少し哀愁を感じるものに変わります。
この時期だけのきらびやかな照明に彩られた街を思わせるようなご挨拶を、
華やかな絵柄の招待状とともに是非お送りください。

〈ウェルカムボード〉 〈ウェルカムボード〉 『こんな時には手をつなごう』
ゲストの書いた”寄せがき”が、おふたりの暮らしを見守りつづけます。
時が経つほど絆深まる
AISUオリジナルのウェルカムボード。



〈プロフィールブック〉 プロフィールブック 式の前からゲストが涙ぐんでしまうような、
「家族」のプロフィールブック。
お母様やお父様が思い返し したためる、
「あなたが産まれた朝のこと」「初めて腕に抱いた時」…
そして「60歳のあなたへの手紙」など直筆をふんだんに。

ふたつの家族、そしてゲストみんなの距離が
縮まる
プロフィールブックです。


〈席次表〉 席次表 ゲストに失礼のない席次表のお店の見抜き方は、
失礼がない仕上がりになるよう相談に応じたり、
きちんとチェックしてくれる
お店であること。
折り目にゲストのお名前が決してかからないこと。
ご新郎ご新婦様の間を分かつような折り目が入らないこと…

AISUの席次表、席札、メニュー表は、デザインのおしゃれさよりも、
読み手のこころを一番に考えてお作りしています。






シェアする

フォローする