弥生 -3月- 時候の挨拶

年度末でいそがしく過ごされる方、卒業や新たな旅立ちを迎える方。
変化の季節でもある3月。
そんな変化にさみしさを感じることもありますが、
軽快な音楽に身体を揺らし、目の前にいる春に向かって行進したくなるような、
明るく楽しげな季節がやってきます。

そんな3月にお使いいただける時候の挨拶をまとめました。

3月
春分の候/早春の候/春色の候/春暖の候/
麗日の候/軽暖の候/早春の候/春暖の候/若草萌ゆる候/
寒さも緩み/春寒しだいに緩み/日増しに暖かさを増し/
つぼみも膨らむころ/桃の蕾もふくらみ/
桜前線の待ち遠しい今日この頃/花の便りもあちらこちらから聞こえてきました/
日増しに暖かくなってまいりました/花便りの聞かれますこの頃/
春寒料峭のみぎり/日毎にのどかになり
春風が心地よい季節となりました/野山の花に春を感じる今日この頃/

地域によって下旬には桜の開花の便りがちらほら聞こえ、
そんな春の訪れに合わせるように、時候の挨拶にも「春」が入った言葉が多くございます。
上旬はまだ残っている日常の寒さの中に、春の気配を添えることによって招待状に彩りを添えられますし、
下旬では春の暖かさを感じられる言葉を選ぶことによって、ウキウキした気持ちを伝えることが出来ます。

下旬はとにかく気持ちの良い気候になってくるので、季節を表現をすることばも多数あり、
どれにしようか選ぶのも楽しいですね。

ご友人だけを呼んでのパーティなどカジュアルなご結婚式の場合には、
形式に合わせて既存の時候の挨拶を選ぶのではなく、
おふたりのオリジナルな季節のご挨拶で、ゲストの皆様を楽しませてみてはいかがでしょうか。
そんなチャレンジもおすすめです。

AISU WEDDINGのhinaシリーズや、Mydesignシリーズの「桜」の絵柄に合わせて、
おふたりの素敵なご挨拶文とともに招待状が届くと、お式のクオリティも高まります。

〈ウェルカムボード〉 〈ウェルカムボード〉 『こんな時には手をつなごう』
ゲストの書いた”寄せがき”が、おふたりの暮らしを見守りつづけます。
時が経つほど絆深まる
AISUオリジナルのウェルカムボード。



〈プロフィールブック〉 プロフィールブック 式の前からゲストが涙ぐんでしまうような、
「家族」のプロフィールブック。
お母様やお父様が思い返し したためる、
「あなたが産まれた朝のこと」「初めて腕に抱いた時」…
そして「60歳のあなたへの手紙」など直筆をふんだんに。

ふたつの家族、そしてゲストみんなの距離が
縮まる
プロフィールブックです。


〈席次表〉 席次表 ゲストに失礼のない席次表のお店の見抜き方は、
失礼がない仕上がりになるよう相談に応じたり、
きちんとチェックしてくれる
お店であること。
折り目にゲストのお名前が決してかからないこと。
ご新郎ご新婦様の間を分かつような折り目が入らないこと…

AISUの席次表、席札、メニュー表は、デザインのおしゃれさよりも、
読み手のこころを一番に考えてお作りしています。






シェアする

フォローする