葉月 -8月- 時候の挨拶

暑さの盛りの昼間と、ぐっと秋を感じる夕暮れが訪れる、
そんな8月の時候の挨拶をご案内いたします。

8月
晩夏の候/残暑の候/盛夏の候/
新涼の候/立秋の候/秋初の候/秋暑の候/
残暑厳しい折/土用あけの暑さは厳しく/
残暑きびしい毎日がつづいております/
暦の上ではもう秋/空の色もいつしか秋めき/
朝夕の風に心地よさを感じる頃/


「晩夏の候」の「晩夏」とは、夏の終わりという意味があります。
お使いいただける時期は8月7日から立秋の20日頃までとされています。
「残暑の候」は8月7日から9月8日頃までと、比較的長くお使いいただけるご挨拶です。
暦の上では秋になったのに、まだまだ暑さが残っている、そんな意味のご挨拶です。

漢語調のご挨拶は、より丁重な印象があり、
ご両家の代表者様のお名前で招待状を出される場合や、
ご年配の方を多く御呼びする場合にお選びいただくとよろしいかと思います。

口語調のご挨拶は柔らかな印象になりますので、
ご新郎様ご新婦様のご友人を多く呼ぶ場合や、
ガーデンパーティなどの少しリラックスして楽しめるお式にもおすすめです。

暑さはまだまだ続きますが、少し顔を出し始めた秋の気配を感じる8月。
読むお手紙の「朝夕の風に心地よさを感じる頃」の言葉に、
秋のにおいを感じてドキッとしませんか。

フォーマルなご挨拶の中に、おふたりらしさを感じられる、
アイディアに溢れたお手紙を送っていただければと思います。

〈ウェルカムボード〉 〈ウェルカムボード〉 『こんな時には手をつなごう』
ゲストの書いた”寄せがき”が、おふたりの暮らしを見守りつづけます。
時が経つほど絆深まる
AISUオリジナルのウェルカムボード。



〈プロフィールブック〉 プロフィールブック 式の前からゲストが涙ぐんでしまうような、
「家族」のプロフィールブック。
お母様やお父様が思い返し したためる、
「あなたが産まれた朝のこと」「初めて腕に抱いた時」…
そして「60歳のあなたへの手紙」など直筆をふんだんに。

ふたつの家族、そしてゲストみんなの距離が
縮まる
プロフィールブックです。


〈席次表〉 席次表 ゲストに失礼のない席次表のお店の見抜き方は、
失礼がない仕上がりになるよう相談に応じたり、
きちんとチェックしてくれる
お店であること。
折り目にゲストのお名前が決してかからないこと。
ご新郎ご新婦様の間を分かつような折り目が入らないこと…

AISUの席次表、席札、メニュー表は、デザインのおしゃれさよりも、
読み手のこころを一番に考えてお作りしています。






シェアする

フォローする